眼鏡をかけた女性

なぜ無店舗型の風俗店が増えているのか

風俗店を大きく分けるとソープやヘルスのような店舗型の風俗店とデリヘルやホテヘルのような無店舗型の風俗店に分けることができます。しかし、最近の風俗業界では店舗型の風俗店は減少傾向にあるものの無店舗型の風俗店は増加しています。
なぜ、無店舗型の風俗店が増えているのかと言えば、それは法律に大きな原因を求めることができます。風俗店の営業などを定めたのがいわゆる風営法と呼ばれる法律です。この風営法によれば店舗型の風俗店は店舗型性風俗特殊営業とされ、店舗型の風俗店について法律的規制がなされることになっています。風営法に定める禁止地区に加えて、各都道府県の条例においても禁止地区を決めることができますので、店舗型の風俗店には出店規制がかなりあるという状況なのです。
一方の無店舗型の風俗店は無店舗型性風俗特殊営業とされ、風営法による禁止地区はありませんし、都道府県の条例にも禁止地区はありません。それだけではなく、店舗型の風俗店では営業時間等も規制されていますが、無店舗型の風俗店では営業時間の規制もなく、開業コストなども店舗型の風俗店と比べるとかなり低くても開業できますから、無店舗型の風俗店が増えるのは必然であると言って良いのかもしれません。

CHOICES CONTENTS

  • 風俗を利用する時間は夜のみ?

    風俗というのは夜にやっているイメージがあるかもしれませんが、夕方でもやっているところはやっていますし、朝に対応しているところもあります…

    MORE
  • なぜ無店舗型の風俗店が増えているのか

    風俗店を大きく分けるとソープやヘルスのような店舗型の風俗店とデリヘルやホテヘルのような無店舗型の風俗店に分けることができます。しかし、…

    MORE
  • 風俗を利用する際の緊張と慣れ

    風俗を利用するというのは勇気がいることですが、慣れてしまえばどうってことはなくなるかもしれません。もちろん、ある程度の緊張感があること…

    MORE
  • 花魁をイメージした風俗店の特徴

    一部の風俗街に存在する店には花魁をイメージさせるキャストが活躍していて、和風の室内でサービスを受けられる事が特徴です。ファッションヘル…

    MORE

MENU